お手伝いから覚えること

こんにちは!
いろんな虫を手づかみで店に来る5歳女児に
恐れおののく母、ウッディプッディのタロママです。

さて、こちら神戸は梅雨にはいりました。
この時期、みなさんのご家庭ではおうちの中でどんな遊びをしていますか?
こどもにとっては、お手伝いも遊びのうち。
とっても楽しんでやってくれます♪
みなさんのおうちではどんなお手伝いをさせていますか?

体験は記憶に残ります。

ジャガイモの皮を向いてね~とこどもに役割分担し、
「土がついているからよく洗ってね」
とお願いすると
こどもは、じゃがいもが土の中にあったことがわかります。

言葉だけでは印象がうすくても
じゃがいもについた土を洗っている体験はこどもの記憶に残りますね。

また、サラダを作るとき
きゅうりを切ってねとお願いすると
包丁を使う緊張感とも相まって
きゅうりの断面がどうなっているのか記憶に残ります。

雨の日は、おうちの中での遊びやお手伝い、
様々な体験から色んなことを学べるチャンスです。

正直、こどものスピードに待ちきれない時もありますが
部屋に白い紫陽花を飾り
「花言葉:寛容」を思い出したいと思います。

今日もこども達のワクワクが感じられる1日でありますように。

この記事をシェアする:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter