お知らせ

【 12月食育クイズ&レシピ 】テーマ:肉(ハンバーグ)

牛肉のホワイトハンバーグ(2~3人分)

雪を彷彿とさせる白いソースのハンバーグは、冬の食卓にもぴったり!お肉をこねたり、形をととのえたりする作業は、料理に慣れていない小さなお子さまにもチャレンジできる難易度です。ぜひ親子で一緒に作ってみてくださいね♪

レシピ監修:広瀬彩夏(栄養管理士)

【材料】

・牛肉ミンチ:300g

・玉ねぎ:1/2個

・まいたけ:1/2~1株

・たまご:1/2個

・パン粉:大さじ1

・しお/こしょう:適量

・シチュールウ:1かけ

・牛乳:50ml

・水:100ml

【レシピ】

① 玉ねぎの皮をむいて、みじん切りにして、フライパンで炒める。

② 舞茸の石づきを切り落として、手で食べやすい大きさにさく。

③ ボウルに、①と牛肉ミンチ、卵、パン粉、塩コショウを入れて粘り気が出るまで手で混ぜる。

④ 手で丸めて楕円形に成型し、手の平に打ちつけて中の空気を抜く。

⑤ フライパンに並べて中火で焼き、焼き目がついたら裏返す。

⑥ 弱火~中火に火力を落として、舞茸も隙間に加えて、フライパンのふたをして一緒に火を通す。

⑦ 焼きあがったら、ハンバーグはお皿に移す。

⑧ 別の小鍋に牛乳と水を入れて温め、火を止めてからシチュールウを加えて溶かす。

⑨ ⑥の舞茸を加えて、再び火をつけてとろみが出るまで火にかける。

⑩ ⑦に⑨をかけて出来上がり。

【補足】

・牛乳が飲めないお子さまには、同量の豆乳を代用することができます。

・シチュールウを使用することで、面倒な作業となるホワイトソース作りの工程を省くことができます。

【コラム】ハンバーグはもともと “生肉” で食べる料理だった?

ハンバーグのモデルとなった「タルタルステーキ」(M.Studio – stock.adobe.com/jp

一般的なレストランはもちろん、スーパーではレトルトや冷凍食品として手軽に購入できるハンバーグ。「ハンバーグ?なにそれ、食べたことない。」なんて人は、なかなか見つからないでしょう。そのくらい日本人には馴染み深い料理です。

私たちの知るハンバーグ、つまりひき肉を玉ねぎやスパイスと混ぜて焼いた料理は、18世紀頃のドイツ/ハンブルク(Hamburg)で生まれました。現地では「フリカデレ(frikadelle)と呼ばれ、ドイツの一般的な家庭料理として現在も親しまれています。それが徐々にヨーロッパに広まり、ハンブルクからやってきたことから、「ハンブルク風の」を意味する「ハンバーグ(Hamburg)」、またはハンブルク風肉料理を意味する「ハンバーグステーキ(Hamburg Steak)」と呼ばれるようになりました。

では、そもそもそのハンバーグ(フリカデレ)はどうやってドイツで誕生したのでしょうか? さらに時を遡ること500年以上、13世紀当時のアジアで勢力を急速に拡大するモンゴル帝国の「タタール人(Tatarlar)」が食していた肉料理が、それにあたると考えられています。

当時のタタール人は、長距離遠征に使用する馬を、同時に食用としても使用していました。しかし、長時間歩き続けた馬の肉は、発達した筋肉によって非常に硬く、とても食べられるものではありません。そこで、肉を細かく切り刻み、さらにスパイスや玉ねぎによって臭みをなくし、手軽に美味しく食べられる料理が考案されました。それこそが、ハンバーグの前身となる「タタール人の肉料理=タルタルステーキ(Tartar Steak)」であり、モンゴル帝国の攻勢に伴ってヨーロッパまで伝わったそうです。ハンバーグのモデルは、もともと生肉のまま食べる料理だったんですね。

安く硬い肉しか買えない多くの労働階級者にとって、細かく刻んで食べやすくなるタルタルステーキの調理法は非常に魅力的でした。とはいえ、タタール人のようにその場で新鮮な馬肉を使えるわけではありませんので、衛生の観点から火を通す調理法が取り入れられ、やがて国民的料理「フリカデレ」として定着していきます。

「タルタルステーキ(タタール人)」→「フリカデレ(ドイツ人)」→「ハンバーグ (ヨーロッパ・アメリカ)」と、姿や名前を変えて、ようやく日本にやってきたのは19世紀頃。1882年(明治15年)に開校した日本初の料理学校「赤堀割烹教場」の開校式の席にて、ハンブルク風ステーキとして披露されました。以降、洋食レストラン等において徐々に広まり、今日のハンバーグに至ります。

※ハンバーグの詳細な歴史には諸説ございます

【食育クイズ11月号】テーマ&プレゼントは「カボチャ」!

食育クイズとは?

木製玩具ブランド「ウッディプッディ」が月に1度開催する、食べ物に関するミニイベントです。その月の旬の食材をピックアップし、コラム、レシピ、クイズをお届けします。クイズの正解者のうち抽選で3名様に、テーマの食材がモチーフとなったおままごとのおもちゃをプレゼント!お気軽にご参加ください。

11月のプレゼントは「かぼちゃ」



クイズに参加する

大きく3つの種類に分かれるカボチャ

【日本カボチャ】

黒くてボコボコと凹凸がある、野球のグローブのような形が特徴。伝来したばかりの頃はこちらが主流でしたが、現在では高級な日本料理店など、昔と比べるとかなり遠い存在となってしまいました。普段食べるかぼちゃよりも甘みが薄く、日本食に向いています。

【西洋カボチャ】

普段私たちが食べる表面がツルッとしたカボチャも、ハロウィンのイメージが強い大きなオレンジ色のカボチャも、どちらも同じ「西洋カボチャ」の仲間です。甘みが強く、ほくほくとした食感が特徴であることから、現在では日本カボチャにとって変わり、こちらが主流となっています。

【ペポかぼちゃ】

きゅうりの仲間と思われがちな「ズッキーニ」ですが、実は立派なかぼちゃの一種。ペポかぼちゃは淡白な色でしゃきしゃきとした食感が特徴です。ズッキーニの他は「金糸瓜(そうめんかぼちゃ)」が分類されます。

「かぼちゃ」の由来は”あの国”の名前

日本に初めてカボチャが伝わったのは16世紀ころ。豊後(ぶんご:現在の大分県あたり)に漂着したポルトガル船からカンボジア産のカボチャの種を献上されたことが始まりです。名前の由来は諸説あるものの、伝来の際に「カンボジア」から「かぼちゃ」という名前に至りました。

写真は、カンボジアの隠れ名物「かぼちゃプリン」。なんとかぼちゃ本体にプリンが埋まってるという、ユーニークなビジュアルが印象的。いつか日本でも流行る日が来るかも…?

かぼちゃを”投げる”お祭り知ってる?

画像は公式サイトより抜粋:

https://www.punkinchunkin.com/the-competition/members-machines/

ハロウィンの起源がケルト人の収穫祭であるように、かぼちゃは秋の収穫を祝う象徴として、世界各国でお祭りが開かれています。その中でも一際変わっているのが、アメリカデラウェア州サセックス郡で行われる『World Championship Punkin Chunkin(かぼちゃ投げ世界選手権)』。

どんなマシンでも、とにかくかぼちゃを遠くに投げた人の優勝ということで、エンジニアや大工さんをはじめとする、ベテラン勢が腕に寄りをかけたマシンが勢揃いします。その様はさながら、投石機や戦車が集う戦場のよう…。

血気盛んな様相のイベントですが、もともとは児童虐待被害者のための非営利組織を支援する目的で始まった本イベントでした。残念ながら、近年はコロナの影響で中止が続いているようですが、youtubeや公式サイトなどでは、想像を超える機器の数々が閲覧できます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

公式サイト:https://www.punkinchunkin.com/

参考:自作の巨大マシンでかぼちゃを飛ばすコンテスト(WIRED.jp)

カラダに嬉しいかぼちゃの栄養

・βカロテン:

抗酸化作用による、活性酸素(老化の原因の一つ)の除去

・ビタミンA:

目の働きを正常に保つ、粘膜を保護する、免疫力を保つ

・ビタミンE:

ホルモンバランスを整える、抗酸化作用、特にシミ・シワなど肌のトラブルに効果あり

・ビタミンC:

コラーゲンの生成、抗酸化作用、免疫力の向上、抗ストレスホルモンによるストレス緩和、生活習慣病予防

・食物繊維:

腸内環境の改善、大腸ガンの抑制、便通の改善

※βカロテンとビタミンEは、油と一緒だとより効率的に吸収できます

【親子でかんたんレシピ】かぼちゃのおやき

【材料(5個分)】

・かぼちゃ・・・1/4個(可食部250270gくらい)

・バター(マーガリン、サラダ油も可)・・・1520g

・はちみつ・・・大さじ1(砂糖小さじ2でも可)

・片栗粉・・・適量

【作り方】

①かぼちゃの種をくりぬいて洗い、耐熱皿にのせてラップをしてから、電子レンジ600W1分加熱する。

②包丁で切れるくらいに柔らかくなったら、一口大くらいに切って、鍋で茹でる。

③火が通ったら、皮を包丁で落としてボウルに移し、フォークなどで潰す。

④ザルでこして、片栗粉小さじ2、はちみつを加えて混ぜる。

⑤手で、直径5cmくらいに平たく丸める。

⑥片栗粉をまぶして、バターを熱したフライパンで焼く。

⑦裏面も焼いてできあがり!

【ポイント】

・焼く時はやわらかいので、しっかり片面を焼いてから、優しくひっくり返してください。

・バター、はちみつの代わりのものを使っても十分美味しいので、お子様の成長などに合わせてください。

・①の作業は、かぼちゃを包丁で切りやすくするだけですので、省略しても大丈夫です。

・お子様には、かぼちゃを潰す作業や、丸めて片栗粉をまぶす作業を手伝ってもらいましょう。

【お子さまにおすすめの理由】

・かぼちゃ自体に甘みがあり、最小限の材料でおやつになります。アレルギーのあるお子さまにもおすすめです。

・色鮮やかで、見た目も丸くて可愛い仕上がりなので、出来上がった時の見た目もお楽しみいただけると思います。

・かぼちゃが苦手な子も、見た目や味わいを変えて食べることで、徐々に慣れていくきっかけになるかもしれません。

クイズに挑戦!



クイズに参加する

【親子でカンタンレシピ】暑い日のおやつにぴったり「いちごの寒天キューブ」

ウッディプッディ,食育クイズ,いちごのキューブ寒天のレシピ

ウッディプッディ,食育クイズ,いちごのキューブ寒天のレシピ

<材料(4人前)>

・(A)いちご・・・10個くらい

・(A)砂糖・・・25g

・(A)水・・・250g

・(A)寒天・・・2g

・(B)牛乳・・・300ml

・(B)砂糖・・・30g

・(B)水・・・100ml

・(B)寒天・・・4g

<作り方>

①いちごを洗ってヘタを取り、5mm~1cm角くらいの大きさに刻む。

②(A)の水と寒天を小鍋に入れて、火にかける。

③沸騰したら、(A)の砂糖を入れて1分ほど煮て火を止め、粗熱を取る。

④四角いバットに①をまんべんなく敷き詰め、そこに③を流し入れてから、冷やし固める。

⑤別の小鍋に(B)の水と寒天を入れて、火にかける。

⑥沸騰したら、(B)の砂糖を入れて1分ほど煮て、さらに(B)の牛乳を加えてしっかりと混ぜ合わせる。

⑦火を止めて、別の四角いバットに流し入れたあと、冷やし固める。

⑧④が固まったら、1.5cm~2cm角くらいに切る。

⑨⑦は1cm~1.5cm角くらいに切るとバランスが良い。

⑩⑧⑨を器に盛り付けたらできあがり。

<注意点>

・寒天は一度沸騰させないと固まらないので気をつけましょう。

・寒天はゼラチンに比べて高い温度で固まるので、バットを冷やすときは水平な場所で動かさないこと。

・一回り以上大きいバットに氷水を張って、そこで冷やすと良いですよ。

・④の工程では、寒天が熱いままだと、いちごの食感が損なわれたり、寒天に色が移ってしまうので、必ず粗熱を取りましょう。

<お子様にオススメな理由>

◎寒天が透明なので、いちごならではのカワイイ見た目も楽しんでいただけると思います!

◎寒天を2色にわけることで可愛さがプラスされ、また、交互に食べたりと飽きずに食べることができるよ!

◎小さめで柔らかいので、お子様にも無理なくお楽しみいただけます!年齢に合わせてサイズを調整してみてください。

◎牛乳が苦手なお子様でも、気軽に美味しく味わえるかなと思います。カルシウムもたっぷりですので、これをきっかけに牛乳が好きになってくれたら嬉しいです!

レシピ監修:広瀬彩夏(管理栄養士)

関連記事

【食育クイズ4月】お子さんと楽しめるたけのこレシピと豆知識!

目次

食育クイズとは?

毎月19日に開催する、その月の旬を迎える食材をテーマにしたミニクイズ企画、それが『食育クイズ』です。正解者の中から抽選で、テーマになった食材のおもちゃをプレゼントします。どなたでもご参加OKですので、ぜひチャレンジしてみてください!クイズの答えはこのコラムのどこかに隠されています。

応募フォーム



応募する


購入する

産地

 たけのこは3月下旬〜5月頃にかけて収穫されます。農林水産省の「特用林産物生産統計調査」によると、2018年現在の主な生産地は、福岡県 (6,199トン)、鹿児島県(6,088トン)、熊本県(3,089トン)、京都府(2,281トン)です。

 一方で、日本で流通するたけのこの多くは、中国原産の「孟宗竹(モウソウチク)」という品種です。小さなお子様やたけのこが苦手な方には、孟宗竹に比べてアクが少ない「大名たけのこ」や「緑竹」といった国産種がオススメ。お店で見かけたら、ぜひ産地を確認してみてください。

栄養・機能性成分

 シャキシャキとした特徴的な歯応えばかりが注目されがちなたけのこですが、実は大切な栄養や機能性成分がたくさん詰まっています。本稿ではその中でも主要な4つをご紹介します。

カリウム

カリウムはヒトの体内に最も多く存在するミネラル成分です。塩分(ナトリウム)を排出し、高血圧を予防したり、むくみを解消する作用があります。

マンガン

骨の形成、糖や脂質の代謝、抗酸化作用といった様々な酵素を作るために必要な成分です。体の成長をサポートするほか、正常な生殖機能の維持にも欠かせません。

チロシン

たけのこの切り口によくついている白い粉の正体。睡眠不足後の覚醒改善や、ストレス下における記憶力や認知機能など、集中力の改善に関する有効性が示されています。ついでに新陳代謝の活発にも一役買う、実はかなりの優れもの。

食物繊維(セルロース)

たけのこのシャキシャキとした歯ごたえを作る食物繊維は、便通を促し老廃物の排出をサポート。さらに胆汁酸の排出によって、血中コレステロールを下げる作用があります。

相性の良い栄養・食材

そのままでも栄養たっぷりのたけのこですが、合わせて食べることでさらにパワーアップする相性バツグンの食材をご紹介します。

生理前の不調改善には「たけのこ+カルシウム」

たけのこに含まれるマンガンは、カルシウムと一緒に取ることで生理前の不調(月経前症候群)に有用性があると言われています。「たけのこと豆腐のハンバーグ」「たけのことチンゲン菜の豆腐あんかけ」などがオススメです!

食物繊維は「水溶性 × 不溶性」のバランスが必須

食物繊維には、水に溶ける「水溶性」とそうでない「不溶性」の2種類がありますが、そのどちらもバランスよく取ることが大切。たけのこに含まれる食物繊維(セルロース)は「不溶性」なので、「水溶性」食物繊維を含む、こんぶやわかめ(アルギン酸)、こんにゃく(グルコマンナン)、大豆や麦など(ガム質)と合わせて、食物繊維のパワーをしっかり引き出しましょう!「ごぼうとたけのこのかき揚げ」「筑前煮」「オートミールのたけのこご飯」などがオススメです!

部位の特徴

穂先

たけのこの中で最も柔らかい部分。汁物、酢の物、和え物などにどうぞ。

中央部

ほどよい硬さで火の通りが均等な中央部分は、煮物、炒め物、揚げ物などの様々な調理に向いています。

根元

繊維が集中する硬めの根元部分は、薄く切ることでたけのこらしいシャキシャキとした歯応えが楽しめます。炊き込みご飯に入れても、形・歯応え、ともにグッド!

姫皮

皮のついたたけのこを調理する際は、穂先を覆う皮部分を切り落としすぎないようご注意ください。この部分は「姫皮」と呼ばれ、柔らかく非常に美味ながら、一つの筍でも少量しか味わえない希少な部分です。先端と同じく、酢の物、和え物にどうぞ!

下準備(アク抜き)

1.根本部分の処理

たけのこの根元(ブツブツしたところ)を、大根の皮を剥く桂剥きのイメージで削いで行きます。

2.切り込みをいれる

たけのこの先端(10~20%程度)を斜めに切り落とし、上から下まで縦に切り込みを入れます。

3.アク抜きの準備

大鍋に、タケノコ、米ぬか(または米のとぎ汁)、赤唐辛子を1~2本加えたのち、たけのこが完全に浸かるまで水を入れましょう。唐辛子を入れても味は辛くならないのでご安心を。

4.茹でる

タケノコが浮かび上がらないように落とし蓋をし、弱火で1時間ほど茹でます。吹きこぼれないように注意してください。

5.冷ます

たけのこの下部に竹串をさし、スッと通るくらいに火が通ったら、火を止め、茹で汁の中に入れたままゆっくり冷まします。

6.皮をむいて水洗い

本体が冷めたら、切り込み部分から皮を剥きます。水でよく洗ったら、下準備完了です。

小さなお子様にもピッタリ「たけのこの肉みそ丼」

最後は、栄養・魅力ともに満点のたけのこを使って、子どもから大人までみんなで楽しめる「たけのこの肉みそ丼」のレシピをご紹介します!

【材料】

・たけのこの水煮(もしくはアク抜きした状態のもの)・・・100g
・合い挽きミンチ・・・100g
・ピーマン・・・1個
・卵・・・1個
・(A)醤油・・・大さじ1
・(A)味噌・・・大さじ1
・(A)酒・・・大さじ1
・(A)砂糖・・・小さじ1
・塩・・・ひとつまみ
・ごま油・・・適量
・白ご飯・・・適量

【作り方】

①たけのこを薄切りにして、1.5~2cm角くらいに切る。
②ピーマンは種を取り除いてから、1~1.5cmくらいの角切りにする。
③フライパンでミンチ肉を炒め、火が通ってきたら、①②を加える。
④(A)の調味料を混ぜ合わせてから、③に加えて、味がなじんだら火を止める。
⑤卵をボウルに割って、塩を加えてかき混ぜる。
⑥別のフライパンにごま油を熱し、⑤を炒り卵にする。
⑦どんぶりにごはんを盛って、④⑥をのせたらできあがり。

食材情報監修:皐月(栄養士・野菜ソムリエ)

レシピ監修:広瀬彩夏(管理栄養士)

【コラム】子どもや動物に対して、無意識に高い声になってしまう現象「マザリーズ」を知っていますか?

明けましておめでとうございます。

みなさんは楽しいお正月を過ごすことができたでしょうか?

私はコロナの影響を鑑みて、今年も帰郷せず、自宅でペットのカメと2人で過ごしました。

窓の外からは絶えず家族や知人と楽しげに話す声が聞こえます。そのせいか、いつもより孤独感が増し、気づけばずっと亀に語りかけていました。

「かめしゃん。お腹すいた?」

「ご飯美味しいね〜?」

「今日はあったかいから、ひなたぼっこしよっか?」

我に返ると「自分って寂しいなぁ…」と落ち込んでしまうのですが、そんな時ふと「なんでこんな高い声で話しかけちゃうんだろう」と疑問に思い、スマホでググってみました。

すると見つけた、こんな言葉。

マザリーズ(motherese):

自分よりも幼い存在・弱い存在に対して無意識に抑揚のある高い声で話しかけること

みなさんはこの「マザリーズ(別名:対乳児音声=Infant Directed Speech)」という言葉はご存知でしたか?

「〇〇ちゃん、元気だった?」

「どうしたの〜?ねむねむになっちゃったの?」

「あ!ぶーぶーがきたよ〜!」

など、幼い子どもに対しては、高い声で抑揚をつけ、そして顔をゆっくりと見ながらお話される方がほとんどだと思います。

さらにこの現象は日本のみならず、世界各国の老若男女に共通して見られるとのこと。

マザリーズの効果は様々で、

・高い声によって、より赤ちゃんの注意を惹きつけることができる

・抑揚や表情で大まかなコミュニケーションの伝達ができる

・言語力やコミュニケーション能力の発達を促す

など、無意識ながらも子どもの成長に欠かせない要素がしっかりと詰まっているようです。

子育てに関する様々なウェブサイトや書籍で「マザリーズ」を意識した喋り方が推奨されていましたが、きっと大体の人が言われるまでもなく、既にできていると思います。

人はもちろん、言葉の通じない動物も含めて、自分より弱い存在に対し、相手の立場や気持ちに寄り添ってコミュニケーションを取ることができる。

当たり前と言えばそれまでですが、ヒトに組み込まれた、”優しさの根っこ”のようなものが見えて、少し温かい気持ちになりました。

みなさんも、家族やお友達、ペットの動物、時にはぬいぐるみなどの無機質なものに対して、普段のご自身の声のトーンや抑揚、言い回しなどを意識してみると面白い気づきがあるかもしれませんよ。

ひらこ(スタッフ)

ウッディプッディのおままごと『きらきらコスメセット』の生配信を開催しました。

配信動画はこちら

 

こちらの動画にコメントをいただいた方の中から『きらきらコスメセット』を抽選で1名様にプレゼントします!

 

コメントの締め切りは11/3 23:59までとなっておりますのでご注意ください。

みなさんこんにちは。

ウッディプッディの平子と申します。

 

本日は新発売の『きらきらコスメセット』について、インスタライブで生配信にてご紹介させていただきました。

 

ウッディプッディ単独で生配信を行うのは今回が初めて。スマホの画面を操作する手は、緊張でプルプル震えていました。

 

本番1分前。

 

「何人くらい見ていただけますかね〜」

「平日のお昼だから…

10人来てくれたらすごいですよね」

「コメントくるのかなぁ…」

 

司会の私とデザイナーの中野が、互いの緊張をほぐすため他愛ない会話を2つ3つ交わしたところで、いよいよ本番開始。

 

私たちの想像とは異なり、配信開始と同時に、参加者やコメントが次々と来るではありませんか…!

 

「ウッディプッディのおもちゃ、

いつも使ってます!」

「娘が喜びそう!」

「うちの子が女の子だったら欲しかったなぁ」

 

コメントや参加される方のお名前を見るうち、緊張はいつしか嬉しさへ…。

 

放送内ではみなさんのコメントを淡々と読み上げておりましたが、実は私も中野も、小躍りしかねないほどの嬉しさに舞い上がっておりました。

 

とにかく、みなさんの言葉がありがたくて…。自宅の部屋に貼り出して、一日中眺めて過ごしたいくらいです。

 

気づけば配信開始から50分。

 

想定を大幅に超えた長時間配信の末、無事終了しました。

 

私も中野も、みなさんのおかげでとても楽しくお話しすることができました。

 

最終的に、配信には170名近い方にご参加いただきました。みなさんの貴重なお昼休みの時間をいただいてしまい、ありがたいやら、申し訳ないやら…。

 

生配信をご覧いただいた皆様に、改めて心からお礼申し上げます。

 

そして、今日の生配信はウッディプッディのインスタグラムからご覧いただけます。

【配信動画を見る】

 

また、この生配信についてのアンケートも募集しております。今後の動画作りやプロモーションに役立てて参りますので、ご協力いただけますと、とってもとっても助かります。

【アンケートに答える】

 

ちなみに動画の途中にチラチラと映ったおじさんは、ウッディプッディに古くから住み着くメガネの地縛霊。

 

…ではなく、弊社営業部の木村です。配信開始時、彼が木馬に乗ってさりげなく登場するという演出案がありましたが、当然却下させていただきました。

 

今後の配信でも登場するやもしれませんので、木村の活躍に乞うご期待ください!

 

…なんだか話が逸れてしまいました。

 

さて、10月もあっという間に過ぎ去り、週明けには11月の到来です。

 

日々寒さが厳しくなりますが、一方で温かいものや辛いものがぐっと美味しくなる季節。

 

季節の良し悪しは、考え方次第…

 

いや、食べもの次第ですかね。

 

去りゆく秋を、そして来る冬を、楽しく、美味しく、何より健康第一で、皆様が楽しくお過ごしいただけることを願っております。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。