デザイナーの私が作ったおもちゃを、初めて息子に渡してみたら…

 

みなさんこんにちは!

商品企画・デザイン担当の山本です!

最近ホントに暑くなりましたね…。

 

前回はおとつむの開発裏話をしましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

自分の体験を文章にしてお話するのはちょっと恥ずかしいのですが、

より商品を身近に感じてもらえたら企画者としてはとても嬉しいです。

 

今回は前回に引き続き、息子くんに

おとつむを遊んでもらった時の反応について書かせていただきます。

 

 

もともと、我が子ができたら

自分のデザインしたおもちゃで遊んでもらうのが

デザイナーとしての一つの夢でした。

 

「ついにこの日が来たのか…!」

と、ワクワク半分、緊張半分。

 

ちなみに、おとつむの対象年齢は1歳ですが、

大きさや強度としてはそれ以下の月齢のお子さんでも

安全に遊べる設計となっています!

 

息子くんは今月で8か月。

対するおとつむの対象年齢は1歳。

まだまだ積み木として遊ぶことは難しいようですが、

恐る恐る渡してみると、意外にも真剣につかんだりかじったりと、

夢中になって遊んでくれました…!

 

私がカタカタ鳴らすのを見たり、

木箱を裏返しにして叩くと音が響くので、

バンバン叩くと興味を示したり…。

 

自分で降って鳴らすことはできなかったですが、

穴が空いているので小さな手でもしっかりと積み木を握り、

いろんな積み木を握って楽しんでいました。

 

 

「遊んでいる姿を見てもっと感動するかな?」

っと思っていたのですが、

まだ十分に遊べないこともあり

「こんなもんか(笑)」と

意外にもさっぱりした印象でした。

 

なにより、まだ自分で作ったこのおもちゃが、

この子にとって「お気に入り」になった感じがまだないので、

もう少し大きくなって、

色々お話ししながら遊んだら、

そのときはぐっとくるのかなぁ…。

 

もっともっと遊べるようになって

「ママの作ったおもちゃで遊びたい!」

ってなってくれた時は嬉しくってたまらないと思うので、

そんな日が来ることを楽しみに、

これからもちょこちょこおとつむで遊んでもらおうと思います。

 

 

とはいっても、

1人のおもちゃデザイナーとして

このまま引き下がるわけにはいきません!

 

そこで、急遽オリジナルのビジーボードを作ってみました。

引っ張ったり噛んだりをとても好む時期なので、

年齢や興味に合わせて、鏡や楽器などをくっつけてみると…

 

めっちゃ食いつく!

めっちゃ遊ぶ!

 

お、おとつむより夢中で遊ぶじゃないか、息子くんよ…。

 

というわけで、

次回はこちらのお話ができたらと思います!

次回も読んでいただけたらとても嬉しいです!

やまもと(育休中)

ウッディプッディでおもちゃの企画やデザインを担当しています。現在は育休中のため、自分で作った製品や、オリジナルのおもちゃを、自身の子どもに与えて反応を楽しんでいます!

この記事をシェアする:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter