【パパ育休 #6】子連れOKのコワーキングスペースに行ってみました

しんどう課長の育児日記(ウッディプッディ)
みなさんこんにちは。
営業課長のしんどうです。
 
 
以前公開した↑の記事で、”子連れOKのコワーキングスペース”についてご紹介しました。すると思いのほか反響が大きかったので、今回は改めてこちらの施設を実際に使った感想をまとめてみました。

「子どもと親が共存できる社会を作りたい」から始まった場所

保育にまつわる勉強や、仕事復帰に向けた準備など、育児休業中でも少しまとまった作業時間が欲しい時があります。そんな中、子連れOKなコワーキングスペースがあることを知り、試しに利用してみました。
 
私が訪れたのは、神戸市東灘区にある「+One」さん。待機児童問題を初め、仕事と子育ての両立をサポートしたいという思いから生まれたそうです。
 
 
 

まるでカフェのような空間

ガラス越しに見えるおしゃれな空間。中に入ると、広々としたカフェのような室内でした。グリーン、ベージュ、グレー、ブラウンなど、目に優しいナチュラルカラーで統一されたインテリア。初めて来る私たち大人はもちろん、小さな子どもにとっても、心から落ち着けそうな空間です。
 
ご覧の通り、初めて来た娘もまるで常連のような落ち着きよう。

ベビーシッターサービスと提携

ここでは事前に予約することで、提携するベビーシッターのサービスが受けられます。デスクから目と鼻の先にあるプレイエリアにいるので、いつでも子どもの様子を確認することができます。
 
まだ3ヶ月で人見知りをしないとはいえ、実の親である私たちよりもベビーシッターさんの方が素早く娘を寝かしつけていました。写真は、悔しさを滲ませながらも、プロの手際に感服するぼくと妻が見た光景…。

他のお客さんが分かってくれている嬉しさ

授乳やおむつ替えもご心配なく。さらに2〜3歳くらいの子が使える台や小さな便座も完備されています。
 
もちろん、オムツ替えの台を設置してくださるカフェやレストランなどのお店はたくさんあります。
 
ですが、ここで感じるありがたみは、単なる設備としてだけでなく、スタッフや他のお客さんが子連れに対する理解の環境なので、周囲に気を遣わず落ち着いて対応することができます。ちょっとしたことですが、それが嬉しかったです。

食べ物、飲み物、持ち込みOK

ご飯の持ち込みが可能なので、お昼を挟んで中〜長時間利用したいときにはいいですね。さらには、ドリンクや軽食、ベビーフードは、施設内のカフェでも注文することができます。特に夏の暑い時期など、手作りの食べ物の持ち運びが危険な時は、カフェの利用をお勧めします。

こんな人・こんな時にオススメ

・短〜中時間で作業したい時
・子どもと一緒に気分転換したい時
・夫婦2人の時間を確保したい時
 
ざっくりと+Oneさんのサービスを紹介してきましたが、実際に使用してみたうえで、特にこんな時にいいなと思うポイントです。
 
保育園や幼稚園に置き換わるとまではいいませんが、だからこそ「ここぞ」というときにすごく助かるサービスですね。一言で言えば「痒い所に手が届く」といった感じです。
 
初回はベビーシッターさんのサポートは利用しませんでした。その結果、滞在時間3時間のうち、半分は作業にしっかり集中できて、もう半分は子どもと過ごす時間といった感じです。
 
2回目はベビーシッターを利用しました。その結果、1回目よりも格段に自分の作業に集中できる時間を持つことができました。さらに娘も回数を重ねれば、この環境にも慣れてもう少しリラックスできるのかも。
 
特に急ぎの作業がなく、子どもと過ごしながらリラックスしたい時にはベビーシッターのサービスは必要ないと思いますが、まとまった時間集中したい時は、ぜひベビーシッターさんの予約をオススメします。

地域を散歩して、素敵な場所を探索してみてください

今回はコワーキングスペースを利用してみた感想をお伝えしました。
 
しかし、地域によって施設やサービスは異なります。ここ以外にも、子どもと一緒でも快適に利用できる施設や、子育て世帯をサポートしてくれるお店なども増えてきました。

外に出るには少し暑い季節ですが、もう少し涼しい季節になったら、ぜひお子さんと一緒にあちこち散歩をしながら、お住まいの地域にどんな場所があるかを探索してみてください。

 

 

ライター:しんどう

ウッディプッディの営業課長。夫婦で育児休業を取得し、家族3人で子育て生活に奮闘中。

この記事をシェアする:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter